歯とお口の健康

インプラント例会

本日は私が所属している大阪口腔インプラント研究会の例会に参加してきました。
普段はインプラントの最新のトピックであったり、今後のインプラント治療の展望や症例への活用についての講演が主で、自分自身の知識のアップデートの場として非常に有意義な勉強会となっています。

今回は少しいつもの講演とは異なり、矯正治療にまつわる内容でした。講演されていたのが、私が大阪大学歯科矯正科で研修生として所属していた際にお世話になった山城教授で、”矯正歯科治療の現在と未来”というタイトルであったこともあり非常に楽しみにしておりました。

内容は、今後矯正治療において装置を作る際に3Dプリンターが活用されるであろうこと、頭部の三次元的な規格化をシンプルに行えるようにすること、また現在の主流ともなっているマウスピース矯正(インビザライン)についてであり、これからの矯正の時代の変化を考えさせられる内容でした。

やはり、これからはデジタルの発展が歯科治療に大きな変化をもたらすということを年々感じる機会が多くなっています。さらにはバーチャル空間との連動というものについても現実味を帯びてきています。

新たな潮流が起こった時に乗り遅れないように、常にアンテナを張り最善の治療を求め続けられるよう、これからも邁進していきます。

 

 

初診専用ネット予約 24時間受付中