歯とお口の健康

ドライマウスの原因と対策

ドライマウスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

ドライマウスとは唾液量が減ることでお口の中が乾燥してしまう状態のことで、口腔乾燥症とも言われます。
ドライマウスの原因はさまざまで糖尿病やシェーグレン症候群と言う膠原病、腎不全などの病気が原因で起こることもあれば、ストレスや筋力の低下、薬剤の副作用で起こることもあります。
口呼吸をしている 、柔らかい物、辛い物、味の濃い物をよく食べる、 アルコールをよく飲む、タバコを吸っているなども原因になります。

ドライマウスになると以下のような症状が起こりやすくなります。
1.唾液の自浄作用が働かなくなり、虫歯のリスクが上がる。
2.唾液抗菌作用が減少し、口臭がきつくなることがある。
3.食事の際、飲み込みにくさを感じるようになる。
4.味覚が鈍くなる。

ドライマウスの対策としては、
1.鼻呼吸を意識する
2.乾燥が気になる時はマスクの着用
3. 硬い食べ物をしっかりと噛んで食事をする。(ドライフルーツやナッツ、スルメ、昆布など)
4.入眠前のスマートフォンなどの使用を避け、ストレスを軽減する。
などちょっとした心がけで改善できるものがまず挙げられます。

当院では、 ドライマウスと考えられる方にはまず唾液腺マッサージを推奨しています。
大きくお口を開ける、口角を上げる。 舌の運動は上下左右や円を描く様に動かす。 耳の下にある耳下腺、顎と首の間にある顎下腺を指でマッサージすることでかなり唾液が出るようになります。
実際に医院ではドクター、衛生士と一緒に動かし方を見てもらいながら、実践できるように指導させていただきます。
口腔乾燥に対する薬剤はシェーグレン症候群などの疾患がないと処方が難しいのですが、唾液の分泌を促す漢方薬を処方することができますので、そちらもお気軽にお問い合わせください。

また口呼吸が原因の場合、歯並びを矯正することで改善する場合もあります。お子様はもちろん、成人の方でも歯列矯正による効果が大きいケースもありますので、そちらにつきましてもお気軽にご相談ください。

初診専用ネット予約 24時間受付中