未分類

間食の正しい摂りかたは?

みなさんは、普段どのように間食を摂っていますか?
食事をすると、食べ物に含まれる糖などによってお口の中の虫歯の原因菌(ストレプトコッカスミュータンス菌)が酸を作り出し、その酸によってお口の中が酸性に傾き、歯からリン酸イオンやカルシウムイオンが遊離して虫歯の出来やすい環境となってしまいます。

しかし、その酸性に傾いたお口の状態を中性に戻す役割をしているのが唾液なのです。
唾液の働きによって、歯から遊離してリン酸イオンやカルシウムイオンがまた歯に戻り、虫歯になりにくい環境に戻してくれます。

このように、食事をするたびにお口の中では虫歯になりやすくなる時間(脱灰)、それを中和して徐々に安定した状態に戻してくれる時間(再石灰化)、が繰り返されています。
脱灰と再石灰化のバランスが崩れてしまうと虫歯になりやすくなってしまうのです。

よく例えとして挙げられるのがダラダラ食べ。
ダラダラとした間食は、脱灰する時間が多くなり虫歯のリスクを高めてしまいます。他にも注意なのが、ジュースなど糖分の入った飲み物です。一般的に販売されているジュースや缶コーヒーには結構な量の糖分が含まれており、少しずつ1、2時間かけて飲んでいるとお口の中は、なかなか中性に戻らず虫歯ができやすい環境になってしまいます。
よって正しい間食、糖分の摂り方として、決まった時間に摂ることが脱灰と再石灰化のバランスに繋がり虫歯のリスクを軽減するのに大切なことなのです。

初診専用ネット予約 24時間受付中