06-6448-4188

むし歯

むし歯は一度かかると自然に治ることはありません。かきうち歯科医院では、できるだけ削らない・抜かない・痛くない治療で、ご自身の白い歯と神経を残すことを心がけています。

むし歯の治療

歯の表面だけがむし歯の場合

歯の表面だけがむし歯の場合、概ね以下のような流れで治療をします。

  1. 1回目:まずレントゲン撮影を行います1回目まずレントゲン撮影を行います。
  2. 次に虫歯の部分を削ります次にむし歯の部分を削ります。
  3. 型取りを行います型取りを行います。
  4. 食べ物が入らないよう、仮のふたをします食べ物が入らないよう、仮のふたをします。
  5. 2回目:虫歯を削った所に、本物の詰め物をします2回目むし歯を削った所に、本物の詰め物をします。

前歯においてむし歯が小さい場合は、型取りを行わずプラスチックを詰めて、1回の治療で終わることもあります。


神経までむし歯の場合

歯の神経までむし歯の場合、概ね以下のような流れで治療をします。

  1. 1回目:まずレントゲン撮影を行います1回目まずレントゲン撮影を行います。
  2. 次に虫歯の部分を削ります次にむし歯の部分を削ります。
  3. 歯髄(神経)を取ります歯髄(神経)を取ります。
  4. 歯髄のあった穴に薬を入れます歯髄のあった穴に薬を入れます。
  5. 食べ物が入らないように仮にふたをします食べ物が入らないように仮にふたをします。
  6. 62回目歯髄があった穴の中を消毒します。
    穴の状態が良い場合穴を薬でふさぐ ⇒ 仮にふたをします
    穴の状態が悪い場合次回もう一度消毒 ⇒ 仮にふたをします
    神経の穴の状態が悪い場合、消毒の回数だけ日数がかかります。
  7. 3回目:土台の型を取ります3回目土台の型を取ります。
  8. 4回目:仮にふたをして、金属の土台を入れます。 ⇒ 歯の形をした銀歯のための型を取ります。
    4回目仮にふたをして、金属の土台を入れます。 ⇒ 歯の形をした銀歯のための型を取ります。
  9. 5回目:被せものをかぶせます5回目被せものをかぶせます。