06-6448-4188

歯の外傷

歯をぶつけたり、転んで前歯が欠けた・折れた場合に

お子さんであれば、スポーツの最中やお友達との遊戯中にぶつかったり転んでしまって、前歯をぶつけてしまうことがあります。その際、歯が欠けたり折れたり、場合によっては抜けてしまって来院される方が少なくありません。
こういった偶発的な事故に対して、慌てなくて良いように、歯の外傷時の対応を知っていただきたいと思います。

欠けた歯・抜けた歯は絶対捨てない・乾燥させない

折れた歯まず外傷を受けた所に歯のかけらや、抜けた歯そのものがないか探してください。天然の歯はその人唯一無二の形をしていますので、少しでもかけらがあるようであれば、できるだけそのかけらを使って修復する方が、元の美しい形態に戻る可能性が高くなります。もちろん、足りない部分や細かく砕けた部分は補うことができます。そして欠けた歯・抜けた歯は乾燥させないようにしてください。

歯のかけらもそうですが、抜け落ちた歯は歯の根に重要な膜がついているため、歯の頭側を持って拾っていただき、できれば牛乳につけて容器ごと歯科医院にお持ちください。

できる限り早急に歯科医院に連絡を

牛乳 口の中に歯を保管して歯医者へ歯が欠けた場合もそうですが、特に歯が抜けおちてしまった場合、できるだけ早急に歯科医院に連絡を行ってください。これはかかりつけの医院が遠ければ、最寄りの医院でかまいません。抜けた穴に戻し固定する(再植)ことを行いますが、しっかりと歯が戻るかどうかは、歯の根の周りにある柔らかい膜(歯根膜)の中にある細胞が鍵になります。

時間が経過する程、この細胞がダメージを受けてしまうので、元の位置に戻すまでのスピードが重要になります。
受傷後、牛乳につけた状態で約6時間、お口の中に含んだ状態で約2時間以内に持ってきていただければ高確率で歯の保存が可能になります。

ティースキーパー「ネオ」すぐに牛乳を用意できる状況でなければ、下唇と歯の間に、飲み込んでしまうことだけ注意していただき、歯科医院にいらしてください。なお学校であれば、専用の保存液(ティースキーパー「ネオ」)が常備されている可能性が高いので、あればそちらに浸けてお持ちください。