06-6448-4188

妊娠中の方へ・マタニティ歯科

安全な出産につながるお口のケア

お母さんへ

マタニティ歯科

妊娠中、お口から生じるリスク

一般に妊娠すると女性ホルモン、特にエストロゲンが多くなり、炎症を起こしやすくするプロゲステロンというホルモンも増加します。
妊娠中はそのホルモンの影響と身体の変化により、増殖しやすい細菌がお口の中で増えるため、歯周病になったり進行しやすくなります。

妊婦における早期低体重児出産の危険率妊娠性歯周炎にかかると、妊婦さんの低体重児出産・早産などの危険率も非常に増大します。タバコやアルコール、高齢出産などの要因と比べても約7倍と言われます。

また、妊娠初期はつわりが起こるため、歯磨きがしづらく、むし歯になりやすい環境になりがちです。

妊娠中の治療について

妊娠中、歯科治療が受けられないと思われている方は、少なくありません。
実際には一般的な歯科治療を行ってはいけないという時期はありません

麻酔について

一般的に歯科治療で使う麻酔は局所麻酔です。通常量の使用では、麻酔の薬は使ったその部位で分解されるため、母子ともに影響はありません。
但し麻酔下での治療は、よほどの場合以外は、安定期に行います。

生まれてくるお子さんへ

レントゲンについて

マタニティ歯科

基本的に腹部にX線が当たることはないこと、防護エプロンを使用するため、影響はないと言われています。
当院ではどうしても必要な場合のみ撮影を行うことがありますが、少しでも母子に不利益がないよう配慮し、通常は出産後に撮影させていただくことがほとんどです。

お薬(投薬)について

原則として妊娠中の患者様には、投薬は行いません。
どうしても痛みや腫れがひどい場合には、胎盤を通過しにくい抗生剤や痛み止めを選択してお出しすることができますが、服用するかについては、かかりつけの産婦人科の先生と御相談いただいた上で、決定して頂くのが良いと思われます。

妊娠中の治療のタイミング

妊娠初期 1~4ヵ月 妊娠中期・安定期 5~8ヵ月 妊娠後期 9ヵ月~出産
妊娠2~3ヵ月は特に流産の危険性も高いため、過度の緊張や長時間の治療は控えた方が良いでしょう。この時期はお口を清潔に保てるよう、心がけてください。 つわりも落ち着き、治療に最も適した時期となります。できるだけこの時期に診療を受け、むし歯や歯周病があれば治療を済ませておきましょう。 お腹も大きくなるため、横になるのがしんどい状態になります。できればこの時期までに治療を済ませておくことをお勧めいたします。