06-6448-4188

小児歯科

歯ブラシをプレゼント小さいお子さんにとって、最初に受ける歯科経験は重要です。歯の治療が痛いものだとしたら、その子にとって生涯、歯医者さんを怖がる原因を作ることになってしまうからです。ですから小児歯科では痛くない治療をするということは最も大切なことと考えます。ただし、嫌がらないことだけをするのでは、本質的な問題を解決できないこともあり、結果としてお子様のためにならないと考えられます。例えば、乳歯のむし歯を「いずれ永久歯に生え替わるから」と放っておくと、永久歯に悪い影響を及ぼすことがあります。
そのため、治療は確実かつ最後まで、きっちり行うことを原則として進めていきます。

また、当院では乳幼児など小さいお子様を対象に、ブラッシングが好きになってもらえるよう、かわいいデザインの歯ブラシをご用意しています。
デザインは4つの内から選んでもらい、自分の選んだ歯ブラシで毎日頑張って歯磨きをしてもらえるよう、プレゼントしています

  1. 乳児の大きなむし歯が永久歯に悪影響を及ぼす例
  2. シーラント
  3. フッ素でむし歯予防

乳児の大きな虫歯が永久歯に悪影響を及ぼす例

歯並び、噛み合わせの異常

歯並び、噛み合わせの異常乳歯には永久歯の生えるスペースを確保する役割があります。むし歯が大きくなって歯が崩壊すると、隣の歯はその隙間に倒れこんでしまうのです。その結果、その下にある永久歯が生えるスペースが無くなり、歯並びや咬み合わせが悪くなります。

口腔内細菌の増加

永久歯の形成不全(滅形成)むし歯はむし歯菌による感染症です。乳歯にむし歯があると、口の中のむし歯菌も増えています。その悪い環境の中では新しく生えてきた永久歯もむし歯になりやすくなってしまいます。

永久歯の形成不全(減形成)

永久歯の形成不全(滅形成)根の先までむし歯の菌が感染し、膿の袋ができるほど乳歯のむし歯が進行してしまうと、その下にある発育中の永久歯のできが悪くなる(形成不全)ことがあります。
形成不全の程度は、茶色い斑点のような軽度のものから重度のものまで様々ですが、歯の質が弱くむし歯になりやすいので注意が必要です。

シーラント

シーラントシーラントとは奥歯や前歯の溝をプラスチック樹脂の一種で一層埋めることによって、むし歯を予防する方法です。主に生えて間もない6歳臼歯や乳歯の奥歯に行います。

生えたばかりの歯は表面が未成熟で弱く、その後、唾液中のカルシウムなどを吸収して年月とともにだんだん強くなっていきます。

ですから、同じ永久歯でも大人と子どもでは歯の強さが全然違います。それだけ子どもの歯はむし歯になりやすいのです。

6歳臼歯が生えたら、溝の確認をし、必要に応じてシーラントを行うことは、予防法として非常に有効です。

フッ素でむし歯予防

フッ素で虫歯予防むし歯予防で特に大切なのはフッ素をよく使うことです。フッ素は歯を強くして、むし歯になりにくくします。また、むし歯菌の活動を抑える働きもあります。

家庭用フッ素(低濃度フッ素)を1日2回以上、毎日使うことがポイントです。
夜寝ている間は、フッ素が歯に取り込まれやすくなりますので、夜寝る前の使用は特に効果的です。
早い時期から使い始めるほどむし歯予防の効果が高まります。乳幼児から15歳ぐらいまでは、歯にフッ素が取り込まれやすく、特に効果があります。
いろいろなフッ素を組み合わせて使うと、よりむし歯予防効果が上がります。

家庭で使うフッ素(低濃度フッ素)

フッ素入り歯みがきペースト(はみがき粉)

最も一般的な家庭用フッ素の使い方です。現在売られている大部分の歯みがきペーストにはフッ素が入っています。最近では、子どもにとって歯磨きペーストは汚れを落とすためというより、フッ素を歯に作用させるために使うという考え方になってきています。
また、フッ素を長くお口の中に留まらせるために、うがいはごく少量の水で1回だけにするのがポイントです。

フッ素ジェル

フッ素入りはみがきペーストで歯みがきをしたあと、さらにフッ素ジェルを歯に塗ると、ダブルのフッ素効果が得られます。フッ素ジェルを塗るのは夜寝る前が効果的です。または、ブクブクうがいのできない3歳ぐらいまでの子どもには、少量のフッ素ジェルだけで歯みがきするのもいいでしょう。
フッ素ジェルを使った後はなるべく軽く吐き出す程度にして、うがいをする場合もごく少量の水で1回だけにします。

フッ素洗口剤

歯みがきをしたあと、フッ素洗口剤でブクブクうがいをします。
フッ素洗口剤は、いろいろなフッ素の中で最もむし歯予防効果が高いといわれています。ブクブクうがいがきちんとできるようになる3~4歳以上の子どもにおすすめです。
一部の小学校などで行われていることもあります。
フッ素洗口剤は市販されていないので、歯医者さんで購入します。

歯科医院や保健所で使用されるフッ素(高濃度フッ素)

歯科医院で使用されるフッ素(高濃度フッ素)は家庭用のフッ素(低濃度フッ素)の約10倍~20倍の濃度があります。 歯科医院用のフッ素は年に3回程度塗ると効果的です。
毎日のフッ素に加え、歯医者さんでも定期的にフッ素をぬってもらいましょう。まだ歯の弱い15歳ぐらいまでは、フッ素をぬることをおすすめします。