治療から予防へ

日頃のケアのサポートと専門家による定期検診

治療から予防へ

予防歯科の目的は”治療の必要のない健康な歯と歯ぐきを育てていくこと”です。
小さなお子様であれば、将来のむし歯の少ないお口の環境を作ることが可能ですし、成人の方であればむし歯、歯周病の再発、口臭を防ぐことができます。
また定期的なメインテナンスの中でお口の変化を確認することにより、早期発見・早期治療を行うことができます。

セルフケアとプロケア

正しいセルフケアに加え、歯医者さんでの定期的なプロケアを行って、生涯ご自身の歯で生活していただけるよう努めていきましょう。歯を失うと、生活の質(QOL : Quolity Of Life)が下がります。そうならないためにも、正しい知識を身につけ、生涯を通じて歯をトラブルから守り管理する「予防歯科」は重要です。

セルフケアとプロケアを関連づけてよりしっかりとした予防歯科に

小児歯科の年齢別小児歯科治療[リンク]や歯周病の年齢別歯周病徹底ケア[リンク]をご覧いただくと、ポイントポイントで、歯が悪くなくても予防で歯医者さんへ行くことは、手軽にきちんとしたケアをする上で、価値のあることだと、きっとお気づきいただけるでしょう。

8020運動

「8020運動」という言葉を耳にされたことはありますか?
厚生労働省が提唱している、80歳で20本以上の歯を残しましょうという運動です。
口は身体への入口。口の中の健康は、身体の健康へと繋がります。日本はご存知の通り世界トップクラスの長寿国ですが、80歳前後の高齢者の残存歯数は決して高いとは言えません。中高年以降、急速に歯を失っていく傾向にあります。
8020運動だけでなく、日本でも2012年に厚生労働省から「 歯科口腔保健の推進に関する基本的事項」が制定されるなど、予防歯科は推奨されています。

一生、健康な歯とお口でいるために、予防歯科をはじめましょう。

初診専用ネット予約 24時間受付中