歯とお口の健康

歯磨きはいつしたらいいの?

歯磨き

歯磨きは食後すぐがいいの?30分後がいいの?

こんにちは、院長の垣内優一です。
さて、第1回目となる今回の記事ですが、歯科医院らしくブラッシングに関することで、タイトルにも書いた歯磨きはいつやるのがよいのか?食後すぐがいいの?30分後がいいの?という内容です。少し前に話題になってたのですが、最近TVで再度放送されたこともあり、今年に入ってから質問を多く受けました。

発端は2012年アメリカで発表された論文で、アメリカの総合歯科学会(AGD)の研究によると「食後すぐに歯を磨くと、食べ物に含まれていた酸を歯のより深い部分へ、より早く浸透させることになるため食後すぐの歯ブラシは避けたほうが良い」という結論に達したようです。

しかしこの実験は、作為的に酸を浸透させた歯の試験片を用いたもので、お口の中で食べ物が入ってから糖分が分解され、その間も唾液によって酸が中和されていったり、再石灰化が起こっていくことを無視したものであり完全に食後の歯磨きを否定するには根拠の薄いものでした。

日本では、日本小児歯科学会が以下の見解を示しています。

歯みがきの目的は歯垢の除去、すなわち酸を産生する細菌を取り除くとともにその原料となる糖質を取り除くことです。歯みがきをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が産生されて、歯が溶けだす脱灰が始まります。結論としては、通常の食事の時は早めに歯みがきをして歯垢とその中の細菌を取り除いて脱灰を防ぐことの方が重要です。


つまり、実験では酸が意図的に作製されていましたが、酸ができる前に糖質と細菌を除くためにブラッシングを行うので、食後すぐで問題ないという結論です。

さらに経験からのお話になりますが、今まで食後すぐ歯ブラシを丁寧にされていた方のほうが虫歯が多く、歯周病が進行しているということはまずありません。
また後からすると思っていると、30分後歯磨きを忘れてしまったり、食後ウトウトして何時間もそのままにしてしまったりする可能性もあります。

ですので、現在のところ当院では、歯磨きは食後すぐ行ってもらう。炭酸飲料など酸性の強いものを食べた・飲んだ後であれば、食後よくうがいをした後、少し弱い力で歯磨きを行ってもらうことが正しいと考えています。

初診専用ネット予約 24時間受付中