06-6448-4188

乳幼児に気をつける事柄

乳歯列期における歯とお口の健康

子どもの歯並びをきれいにしたいのですが、乳幼児期からどういったことに気をつければよいのでしょうか。

乳幼児期すなわち乳歯列期から、歯科矯正治療を必要とするケースは多くありません。ほとんどの場合は、永久歯がはえてきてからで十分間に合うと思われます。

この時期最も大事なことは、乳歯を虫歯にしないこと。そして、よく噛み、顎ならびに周りの筋肉を十分発育させることがあげられます。ただ、片側の乳臼歯部に発育異常を認め、すでに顎が非対称になりつつある場合などの症例では早期の治療が有効となります。

特殊なことは起こっていないか。一度かかりつけの先生にチェックしていただくことをお勧めします。

歯の新聞 3面掲載